猫どおり

猫様の言う通り。

まんが

4コマ*朝の理想と現実。

皆さん、理想の朝ってありますか?

4コマ*「今、ちょっと近づかないで」の時。

ちょっと急いでいる時、脚に絡みついてくる猫の波を避けるのが大変です。

4コマ*おしゃべりな猫。

うちの猫は、大半がよく喋ります。

4コマ*通じる言葉、魔法の呪文。

うちの猫は、私の言葉を理解しています(多くは無視される)。

4コマ*予定どおりに終わらない。

日課のひとつに、筋トレがあります。

4コマ*猫も必死。

たとえうるう年でも、日数の少なさが身に染みた二月の仕事明け。

4コマ*床ドンのお返しは、深夜の猫ドン。

自画像として似ているのは完全に4コマ目なのですが、妄想上の1コマ目を描くのがすごく楽しかったです。

猫の日*猫のママに贈るはなし。

猫の日なので、絵本風に描きました。22枚あります。 ご注意 私の願望が渦巻いたフィクションであり、ファンタジーです。 語りかけ調で進行しますが、特定の人物・猫とは関係ありません。 「猫ママに贈る」と書きましたが、すこし特殊な話です。

4コマ*ひとりじゃイヤだもん。

ちょっと離れたところに点々と猫たちの食事スペースを設けています。

4コマ*猫を誘うテクニック。

毎日ちょこっとでも、猫たちと遊ぶ時間を作っています。

4コマ*泣きそうになるのでやめてください。

相手は十代の猫(おじいちゃん)、掃除中の話。

4コマ*私が猫に強制していること

毎日のごはんタイムは、私が猫たちに一番注目される時間。

4コマ*フェイントの食事タイムに思わぬ報復。

本日の4コマ、諸事情により途中から自画像が「人型」から「猫型」に変わります。

4コマ*一緒に寝ている猫が横着すぎる。

毎晩、猫と一緒に寝室へ行くと、彼は室内を歩き回って色々点検。