猫どおり

猫様の言う通り。

爪切りに激しく抵抗する猫への、私の対策。

過去に何度かご質問頂いたことのある「猫の爪切り」。皆さん、猫がどんなに好きでもこの作業には苦労されている気がしますが…うちも同様です。

f:id:nekohaus:20160204042810j:plain

今のメンバーはあまり嫌がることなく、かといって喜ぶこともなく…渋々爪切りをさせてくれます。基本は前向き抱っこ↑でパチンパチン。

長年問題なかったので、猫に負担のない方法だと思っていたのですが、最近激しく抵抗する子が現れました。そういう子は本当に大変でした。


動物病院でお願いするも、解決せず。

本気で抵抗を始めた子は素人の手に負えないと思い、当初動物病院で切ってもらうことを試みました。でも看護師さん2~3人がかりで押さえつけ、先生は傷だらけ…での一大事に。これは毎月通ってもまったく慣れずに先生も困り顔。

色んな方に迷惑をかけてしまうし(それがお仕事ではありますが…)、他人嫌いな猫にも私が切る以上の精神的ストレスをかけている気がして、改めて自宅カットを試しました。

余談ですが、かかりつけの動物病院では、猫の爪切りは一回500円でした。「相場」はないのか、病院によっては数千円かかる場合もあるようです。


ネット上で見かける方法。

  • 洗濯ネットに入れて、腕だけ出して切る。
  • 複数人(押さえる役・切る役)で作業する。
  • 専用マスクをする。

などですが、前者二つは試してみたものの合いませんでした。

最後の手段、専用マスクとはこういうもの。

かわいそうに見えるかもしれませんが、猫があばれると人にも猫にも危険が及んでしまうため、有効な手段だと思います。ただちょっとお高く、サイズも複数あるため「全員に合うもの」は選べないのがネックでした。


私の切り方。

色々試し、本気の抵抗をする子と一対一で対峙する時は「うずくまり」のフォームに決定。

f:id:nekohaus:20160204052515j:plain

猫をつぶさないよう、全身で包み込むようにギリギリのホールド。この時バスタオルで猫を包むと、お互いに負担が減るかなと感じました。あとは片腕だけ出してもらって、慎重に切っていきます。

大がかりなようですが、私がうちの猫に試した中では一番楽でした。


爪切りは大事。

猫は自分でも爪とぎをしますが、ここまでしてでも、定期的に人間が切ってあげたほうが良いように思います。

  • 人・他の猫と、ふれあい中の怪我防止。
  • 家具での爪とぎ防止・軽減。
  • 伸びすぎると、肉球に食い込むことがある。

などが理由。

ひと手間で未来の自分の傷が減る、と思いながらお手入れしています。