猫どおり

猫様の言う通り。

猫用爪切り、私の選び方。

猫の爪切り(道具)は十年近く前に買ったもので、それから一度も買い換えていません。

f:id:nekohaus:20160209213545j:plain

色々なデザインを見かけますが、私がパッと思いつくのは「ギロチン」と「ニッパー」。

ギロチン型は、穴に通した爪の先を刃で切り落とすタイプ。

これも以前お試しさせて頂いたことがあって使いやすいと思ったのですが、私が愛用しているのはニッパー型。

f:id:nekohaus:20160209214538j:plain

うちの猫の暴れ具合から、「穴に通してから切る」より、「ハサミのように切る」ほうが工程数が少なく楽だったからです。

f:id:nekohaus:20160209213557j:plain

保管時に閉じておけるのも、持ち運びしやすくて便利。

普段はポケットに入れておいて、抱っこしていた猫がリラックスし始めたところを狙うなど「持ち歩きできること」も私にとっては重要に。


爪切りは刃物なので「猫に合うか」というよりも、猫に怪我をさせないためにも「自分が使いやすいか」を優先して良いように思います。


ただ、最近気づいたのですが…

f:id:nekohaus:20160209214914j:plain

ドギーマンのこの爪切り、検索すると「犬用」で出てきます^^;

昔あまり考えずに買ってしまったのかもしれません…とは言え慣れてしまったし、便利に問題なく使えているので良いことに。

今はナチュラルカラーが出ていて、機会があったら買い換えたいです。

次は猫用で…。
(でも頑丈なので、当分新調することはなさそう)