猫どおり

猫様の言う通り。

換毛期2016春、猫の毛と戦う。

本日の写真はメインブログからちょっと続いています。
更に猫の抜け毛の写真(キレイではない)が大量に出てきますので、苦手な方はご注意ください。

f:id:nekohaus:20160227225614j:plain

換毛期とは?

季節による、体毛の生え変わり期間のこと。
日本では人間の「衣替え」が必要になる頃と同時期にやってきます。

自分の体毛で重ね着(?)などができる猫たち。ある意味でミニマリストかもしれません。


換毛期の対策。

メインブログでは触れたことがあるのですが、私は猫アレルギー。でもある程度対策すれば、なんとか猫とモフモフしながら暮らすことができました。

「抜けさせない」という選択肢がない以上「抜け毛(死毛)を先に取り除いてしまう」ためにブラッシングをするのが一番の対策。必要に応じてシャンプーも。

一通り対策しておくことで、部屋も汚れにくくなります。


ブラッシング、その処理方法。

※抜け毛の写真が出ます。

使うブラシは色々ですが、金属ブラシよりゴム系の柔らかいブラシのほうが猫たちにとって心地よいようです(でもうちには、金属のファーミネーター大好きな子もいるので個々の好みなのですが…)。

ほんの2~3分のブラッシングで、毛糸一玉分くらいの収穫。

f:id:nekohaus:20160227225610j:plain

静電気がひどくふわふわ舞ったりもするので、先に軽くスプレーして湿らせます。

f:id:nekohaus:20160227225611j:plain

スプレーは水で良いのですが、この時は手元にあった「次亜塩素酸水」を使いました。ノロウイルス対策を兼ねて、掃除などに常備しているものです。

その後、小さめのビニール袋をはめた手で、握りこむように毛だまりを回収。

f:id:nekohaus:20160227225612j:plain

そのままビニールをひっくり返せば捨てやすいです。

f:id:nekohaus:20160227225613j:plain

最後に掃除機。この時、うちの猫がおかしな要求(吸われたがる)をしてくるので、お望みどおりにしてあげたのが冒頭の写真(&メインブログの本日更新ラスト)です。


ちなみに、ブラッシング嫌いな子は…

f:id:nekohaus:20160227225615j:plain

うちでは「食事中に襲う」という方法で実践したらうまくいきました。