猫どおり

猫様の言う通り。

ベッドを兼ねる、キャリーバッグ。

キャリーバッグは現在三種類。そのひとつがこれです。

f:id:nekohaus:20160303181624j:plain

猫耳つき。

f:id:nekohaus:20160303181625j:plain

しっぽつき。
(至れり尽くせりのマジックテープ付属)

f:id:nekohaus:20160303181623j:plain

上部には、移動に便利な持ち手つき。
両サイドにも「両手鍋」のような持ち手がついています。

f:id:nekohaus:20160303181626j:plain

ファスナーでぐるりと開けて…

f:id:nekohaus:20160303181628j:plain

猫鍋のようにも使えます。


このキャリーバッグの良いところは、病床時のベッド代わりに使っていれば、そのまま蓋をして動物病院へ連れて行けるところ。実際そういう使い方をすることが多いです。

f:id:nekohaus:20160303181629j:plain

屋根の一部はメッシュになっているため、様子を覗く時も上から可能。

私が残念に思うところは、蓋が取り外しできないところ。

f:id:nekohaus:20160303181630j:plain

完全に外せてしまえば設置スペースもコンパクトになるのですが、それができません。ベッドとして使う時に不便…ちょっと本末転倒なアイテム。

f:id:nekohaus:20160303181631j:plain

でも、うちの猫は無理やり寝るガッツがあります。

f:id:nekohaus:20160303181633j:plain

猫によっては、そこが蓋でも関係ないですね。

f:id:nekohaus:20160303181634j:plain

最終的にはこうなりますから。


現行品はデザインが変更になっていました(私が購入したのは5~6年前)。

キャリーバッグは全部で三種類を使い分けています(また記事にします)。