猫どおり

猫様の言う通り。

たためばコンパクト、抱っこスリング。

我が家のキャリーバッグ、三つめは抱っこスリング。

f:id:nekohaus:20160305230514j:plain

※過去のブログ写真を再編集して掲載しています。

こちらも本来はワンコ用。猫はどうだろうかと試してみたら、普段から「抱っこ」が好きな子の半数以上がスリングも嫌がりませんでした。

f:id:nekohaus:20160305230512j:plain

寝てしまうくらい、のんびり揺られている子も多いです。

このバッグのメリットは…

  • 相性もありますが、抱っこ好きの子には安心してもらいやすい。
  • このまま簡単な家事をすることもできる。
  • 人が座るとまさに「抱っこ」の状態になり、再度立ち上がることも可能。
  • 移動・作業時は両手が空く。
  • コンパクトなので収納しやすい。
  • ポケットやバッグに入れての持ち歩きが楽。
  • 洗濯できる。

などなど。

デメリットは、形状が特殊なだけに猫が嫌ってしまう場合があることと、腰痛持ちの人は辛い(らしい)こと。

あとは衣類で着ぶくれていると窮屈になること(スリングサイズを選ぶ際、使う人間の身長や体型なども要チェック)。私は冬に使う時、まずは薄着の状態でスリングを着用&猫を入れて、その上からアウターや割烹着などを着ていました。

f:id:nekohaus:20160305232135j:plain
※以前、ツイッターで公開した画像です。

ただ、アウターの形や場所(出先)によっては「内側に猫を入れてしまう」というのは不便も多いかなと思います。猫が出たがった時は特に大変。

個人的には自宅での出番が多く、必要がない時は畳んで非常用バッグに収納。

スリングは両手が空くので、緊急時には先日のバッグ二種類を左右の手に、更にスリングを使い、最低でも三猫抱えて移動できるはず。

右の手。

左の肩。

おなか。

f:id:nekohaus:20160305230513j:plain

背中に非常時用バッグ、の想定。

…とは言え、セッティングするまでが大変なので「緊急事態」に可能な話ではないと思うのですが、やろうと思えばできる。そんなセットで備えてあります。


このスリングは数枚持っていますが、愛用品と現行品は同じデザインがありません。ただ、このお店のスリングはいずれも頑丈でオススメできます。

出先で使うなら、メッシュのフタ付きタイプが便利でした。