猫どおり

猫様の言う通り。

キャリーバッグは、収納しない。

先日、我が家のキャリーバッグを三種類をご紹介しました。その中のひとつは、あえて出しっぱなしで管理しています。

f:id:nekohaus:20160308175709j:plain

出しっぱなし管理のメリット

いつもは「ベッド」で多用途に。

バッグの形状にもよりますが、できるだけ出しっぱなし、或いは猫がいる(猫から見える)スペースで管理しています。ダンボールやバケツなど、なんでも「もぐりこむ」のが好きな猫たちなので、本来キャリーバッグもベッドになるはず。実際、我が家では人気スポットになっています。

収納スペースを空けられる。

キャリーバッグは形状が特殊だったり、意外とかさばったりして収納すること自体難しいなと思っていました(今は納戸にも空きスペースがありますが、以前はそうでなかったので)。用途があるなら、数少ない出番がくるまで眠らせておくよりも、常に「ベッド」として活躍してもらったほうが有意義だと思っています。

バッグは怖くないアピール。

しまい込んでいた頃は、「バッグを出してくる=病院に連れていかれる」と敬遠されていました。逃げる猫をうまく確保できても、入れる(ほとんど「押し込む」)のに一苦労。なんとか入ってもらえたところで、悲痛な叫び声をあげられる…その繰り返し。ベッドを兼ね、「キャリー=安心する場所」と覚えてもらうことで、猫のストレスもすこし減ったのではないかと思います。


移動の車中、到着した病院…バッグの中では今でも猫はソワソワしていますが、一部の子は「バッグから出せ!」よりも「この中から出たくない!」という反応に変化しました。

診察終了後はバッグへ逃げ込むように入ってくれるので、帰宅時も安心できます。


オススメバッグの形状

「出しっぱなし」という収納法を考えるとトート型は猫たちが自由に出入りするのは難しいし、スリングは敷物にしかなりません。置き型バッグが一番便利な形でした。

過去に色々使ってきましたが、残っているのは「上から出入りするタイプ」。猫にも人気で、人間目線でも使いやすかったからです。

ただ、しまい込んでいた頃も含め、置き型はかさばりがちだなと感じていました。更に幅が大きく持ち運びもしにくいのです。仮に複数の猫を同時に、それも自家用車なしで運ばなければいけない時(たとえば災害発生時)に、両手に置き型バッグを下げるのは辛そうでした。そこでバッグの形を数種類持つことに。

キャリーバッグを購入するなら、ひとつなら置き型。追加するなら、猫の性格に合わせてスリングやショルダーが移動しやすいかなと思います。


個人的に、追加するならこれが欲しいです。