猫どおり

猫様の言う通り。

布団で粗相してしまう猫の、私の対策(過去)。

昨日の続きです。

f:id:nekohaus:20160310195840p:plain

旧宅時代、一緒に暮らしていた猫が布団で粗相をしてしまう子でした(ちなみに、大はちゃんとトイレを使ってしてくれました)。その子のために用意したのが、上の画像のような、布団を模した「クッショントイレ」。ベッドではありません。

クッションは「洗濯できる」のが前提の、ホームセンターの特価品(500円弱)を二個購入。でも直接吸収させると処理が大変そうだったので、そのクッションに大きめのトイレシート(ワイド~スーパーワイド)を巻いて、通常のトイレ(砂なし)に押し込んでおくことに。

藁をもつかむ思いでしたが、意外と使ってくれました。

水分(排泄物)はシートに吸収されるので、できるだけ毎回交換。時々クッションまで被害が及ぶので、その時は洗濯(なので洗い替えが必要)、という扱い方です。


デメリットのひとつは、こまめなシート交換が必要なこと。また掃除後のトイレ(シートがキレイな時)はベッドも兼ねてしまっていて、「寝る場所=トイレ兼用」という癖はなかなか治らなかった記憶があります。


実のところ「シートでトイレ」を済ませてくれる子は、処理する人間も楽ができます。砂が散らばらないし、スコップなどの小物もいりません。

ただ、猫によってはシートの中綿(吸水ポリマー)が出てくるまでビリビリに破いてしまう子もおり、完璧な方法とは言えないのですが、選択肢のひとつになる可能性はあるかなと。


布団は布団で対処(おねしょシーツなど)が必要でしたが、猫が好むトイレ探し、苦戦しながらも攻防を楽しんでいました。