猫どおり

猫様の言う通り。

猫さがし補助用イラスト、無料DL配布はじめました。

東日本大震災から五年、猫の備えも見直しました。

f:id:nekohaus:20160311181508j:plain

備えの見直しと言えばフードやトイレ砂のストック品もそうなのですが、今回は「万が一、猫が失踪してしまった場合」の備えについて。災害後の避難で失踪(脱走)してしまった場合は勿論、猫が家出した時の備えにもなります。



第三者向けに、猫の情報をまとめておく。

以前にも猫の名前や見た目、性格などを一覧できるようなカードを作ったことがあります。ただ手書きだったので、猫が増減する際のアップデートに手間がかかっていました。

今回、コピーして使いまわせるフォーマット(イラスト)を作り直しました。


猫捜しで重要なのは、顔より全身。

ツイッターで「迷子猫の情報を求める時、正面顔の写真より全身の特徴を提示したほうが分かりやすい」というリツイートを拝読したことがあります。たしかに!と思いました。

猫の顔写真を見せられて「この子を見たら連絡を…」と言われても、分かりにくいですよね。顔よりも身体的特徴のほうが有益な情報です。

また、イラストだと特徴が要約される分、見分けやすくなるような気がしたので、「写真に足す」形でイラストをつけることにしました。

シンプルに「正面(顔)」と「横」のシルエットを描きました。

f:id:nekohaus:20160311182013j:plain

これを猫の数だけ印刷して、余白部分に情報を書き込んで使います。

f:id:nekohaus:20160311182051j:plain
※架空の猫です。

しっぽの形状・長さは特に個人(猫)差が出る部分なので、あえて描いていません。顔のイラストには書き込みでなく、上から写真を貼っても。体型はうちの子サイズなので…ごめんなさい、使われる方は修正してください。

うちは数が多いので、これをファイリングして緊急時用バッグに入れておくことに。災害時に限らず、猫がいなくなってしまった時には活躍してくれそうです。


ダウンロードはこちらから。

上の写真を撮った後に試行錯誤があったため、ダウンロード用はすこしデザインが変わりました。柄に特徴のある猫に対応しやすいよう、「横から」のシルエットは左右両面描き込めるように変更しています。

個人使用・自己責任の範囲で、自由にお使いください。

イラストのみ

f:id:nekohaus:20160311183951p:plain

イラスト+罫線

f:id:nekohaus:20160311184123p:plain

ダウンロードの仕方

それぞれの画像下にある「**.pdf」というリンクをクリックして、表示されたファイルを印刷してご利用ください。

ご要望はコメント欄にて

私は長毛種の猫と暮らしたことがなく、あまり身近で観察したこともありません。なので避けてしまったのですが、ご要望がありましたらコメントをください(特徴などを教えて頂けると助かります)。できる限り対応します。

※今回は猫に限ります。


空欄に書き入れること(私の一例)

「この用紙を見せながら猫を探す時」
「この用紙をポスターや配布用にして猫を探す時」
「身内用の備忘録(動物病院の連絡先など)」

…といった状況で使うことを前提としています。

イラスト部分(印象付けたいこと)

  • 慣れ親しんだ呼び方・動物病院に登録してある名前
  • 大まかな性格(人なれしているかいないか、など)
  • 色・柄
  • 見た目(しっぽが長い、など)
  • 鳴き方の特徴(声の高低・ほとんど鳴かない、など)

視覚的に分かりやすいように。

下半分の空欄(見つけた後に役立ちそうなこと)

  • 好き(パンが好き・猫じゃらしに興味がない、など)
  • 嫌い(高いところに登れても降りるのを怖がる、など)
  • 病気や体質(目ヤニがち・足を引きずっている、など)
  • かかりつけの動物病院
  • 家族の連絡先
  • 失踪した日時・場所の情報(今は空欄)

性格や人と対峙した時の反応は外(いつもと違う環境)だと変わるかもしれませんが、何かの参考になるかもしれないので記載しておきます。

好きなもの、嫌いなものに関しては、かつお節などの一般的なものは除外し(書いても良いのですが)、できるだけ「ちょっと特殊なもの・こと」を選んで。

迷い猫をポスターにする場合の配慮

尚、ポスターにしてどこかのお店などに貼ってもらう場合は、「○月○日まで貼って欲しい」と期限を決めてお願いしたほうが良いと思っています。

お店側で決まっていることもありましたが、それがなかった場合、見つかった時はお礼とあわせてポスターを回収に行くのがベストだと思いますが、万が一、見つからなかった時の配慮も必要かなと思うのです…。期限が来ても尚捜している状態であれば、再度新しいポスターを持ってお願いしに行くようにしています。


あとは、できることをするだけ。

人手を借りたり、思いつく限りの場所を探すことも大切かもしれませんが、(災害時でない・可能な場合は)在宅して窓を開けておいただけで一週間ぶりに帰ってくることもありました。

自発的に帰ってきても、家に入れない…それこそ避けたいので、猫が帰りやすい環境を作って辛抱強く待つことも、対策のひとつだと思います。


よろしければ、今年もYahoo!で検索を。

fukko.yahoo.co.jp

2016年3月11日、ヤフーで「3.11」と検索してみてください。
Yahoo! JAPANで「3.11」というキーワードで検索された方おひとりにつき10円が、Yahoo! JAPANから被災地の復興にたずさわる団体に寄付されます。

よろしくお願いします。