猫どおり

猫様の言う通り。

ワンコ用トイレシート、私の活用方法。

現在、犬と暮らしているわけではないのですが、ワンコトイレ用のシートを我が家でも常備しています。

f:id:nekohaus:20160313190304j:plain

トイレシートが意外と使える。

時々、「犬猫(人間以外)は居ないけど常備している」という方もお見掛けします。我が家での常備は「レギュラーサイズ(一般的なサイズ展開の中では最小タイプ)」。ワンサイズでも色々活用できます。


トイレに使う。

うちは猫ですが、ワンコ用のトイレを使う猫が居たり、猫用システムトイレのトレーに敷いたりして活用しています。


キャリーバッグやケージの中敷きに使う。

通院などでバッグに入ってもらう時は、中で嘔吐してしまうような可能性もあるため敷物に使います。我が家で猫を長時間ケージに入れるのも特殊(看病が必要、など)な時なので、敷物があると安心。


濡れたものを乾かす敷物に使う。

たとえば土砂降りの中歩いてきたびしょ濡れの靴であったり、洗ったばかりの換気扇フィルターなど。シートの上に置いて乾かします。

新聞などをとっていない我が家では「いらない紙」などもあまりないためその代用に。裏地は水を逃がさない素材になっており、内側の吸水ポリマーが働いて乾きも早くなります。


簡易的な足ふきマットに使う。

前項と似ていますが、使い捨てのバスマット感覚で敷物に使えます。泥んこの足など、タオルを使うと汚れが気になる…という時に便利。


猫用のランチョンマットに使う。

ウェットフードの食べ方があまりキレイでない子がいて、ボロボロ床にこぼします。叱っても治るわけではないので、その子のお皿だけシートの上に載せてストレスフリーに。


猫の粗相対策に使う。

猫が粗相してしまう場所が決まっていれば、そこに敷いておくだけ。解決策と言うより、掃除を楽にするための対策です。


収納スペースの敷物に使う。

やはり新聞紙などの代用感覚。棚に直接モノを置きたくない時、或いは埃よけに何かをかぶせておきたい時、このシートで代用できます。


雑巾代わりに使う。

足ふきマットと似ていますが、たとえば何かをこぼして、それが「油」とか「醤油」とか咄嗟にタオルなどを使うのが躊躇われる時、ウエスでは足りない時、トイレシートの吸収力が便利。


災害時の人間用トイレに使う。

シートを(或いは吸水ポリマーを分解して)ビニール袋に入れて、簡易トイレの代用に。猫のトイレ砂なども使えます。


安かろう、悪かろう。

同じサイズであっても、一枚3円~数十円台まであるのですが、基本的には高いほど厚みがあって吸水性も上がります。

ただ、全部が全部…ではないのですが、年々シートの品質が落ちているのを痛感。猫のトイレに使う場合も、最近は3円台のシートでは吸水しきれなくなってきています(排泄量が増えたというより、明らかにポリマーが減って吸水力が落ちている)。

安いシート二枚で吸水できる量と、厚手一枚で吸水できる量が同じだったこともあるので、毎日何枚も使う我が家のような環境でなければ、「厚手」「極厚」の表記があるものを選んだほうが安心かなと思います。

ネットで「同じもの」を買い続けても品質悪化を感じるのですが、実店舗でも「中身を触ること」はなかなかできない商品。選び方は難しいのですが、まずはお試しセット(300円)などが便利です。