猫どおり

猫様の言う通り。

猫まわりの掃除に、トイレットペーパー活用。

猫まわりの掃除には、ウエスや雑巾でなく、トイレットペーパーを使うことが多いです。

f:id:nekohaus:20160315182256j:plain

メインブログのほうでは何度か書いたことがありますが、普段トイレに置いているロールは、残りの厚み1~2cmになったら交換してしまいます。そして交換した古いほうは、猫まわりで使い切ります。

トイレは各階にあるのですが、ペーパーストックは一ヶ所で管理。ルーチンワークでチェックするので、翌日までに切れてしまったことも今のところなく、買い足すのも忘れません。


猫まわりの掃除でトイレットペーパーを使うのは、もちろん「流して処分」ができるから。

猫用トイレをチョイ拭きする時はトイレットペーパーを使い、すぐに流して処理。悪臭対策になります。

また時々、食後すぐに(毛玉でなく)フードを吐き出す子がいます。当人(猫)はその吐しゃ物を再度口にするようなことはないのですが、他の猫が興味を持ってしまうことはあり、処理したものをゴミ箱に捨てると荒らされることがありました。そこで「明らかにフード」の時はトイレに流すことに。

こういう汚れやゴミなどは、できるだけ「すぐに家から出す」を実践する必要があり、そのためにトイレットペーパーが便利でした。


ちなみに、細巻きになったロール、時々ポケットに入れて家の中を歩いています。

箱ティッシュはほとんど使わないし、ポケットティッシュはめったに貰わないので、トイレットペーパーフル活用の暮らしを継続中です。