猫どおり

猫様の言う通り。

猫ですが、イチゴだって食べる。

プリンに引き続き、イチゴも食べます。

f:id:nekohaus:20160409225630j:plain

うちの猫(ただし、全体の一割)の不思議な食生活はたびたび記事にしていますが、果汁も大好きです。りんごなど、一部の果物はすりおろしてあげると食べるものもありますが、ほとんどが果実ではなく「水分」目当て。

今日はいちごを堪能しました。


猫と犬は違う生き物。

ネギ系やイカタコがご法度、などは犬と暮らしていた頃(幼少期)から厳しく教えられていたので、「猫にもダメ」というのはすんなり受け入れられたのですが、「犬には害がないのに、猫にはダメなもの」というのが覚えにくくて大変でした。

食べ物以外でも、アロマ(精油)が危険だと知った時はびっくり。犬のほうが鼻はいいのに…と単純に考えてしまいましたが、そういう問題ではなく、猫の体内で分解できない酵素が含まれるためだそう。

私自身はほのかな香水や柔軟剤の香りなどを嫌うタイプではないし、虫対策でユーカリやミントを焚いていたこともあります。猫にダメと知って慌ててやめましたが、今でも本当に安心して使えるものがあれば試してみたい…そんな気持ちがあります。

市販の猫用アロマにも注意が必要。

昔は諦めきれず、「猫用」として市販されているアロマグッズを買ったこともありますが、実はメーカー側に「猫に精油がダメ」という知識がないまま作られてしまった製品もあるそう。すべてがそうではないかもしれませんが、それを見分ける知識が私にはないのです。結果、市販品に関しても曖昧な知識のまま試すのはやめました。


偏食、食べすぎはNG。

話が逸れましたが、食べ物。その都度調べるようにしていますが、いちご・りんごの果実は多少なら大丈夫とのこと(種などは別物と考える=NG)。毒にはならないようですが、食物繊維や糖分の過剰摂取は良くない、という意味では「多少」です。

f:id:nekohaus:20160409225631j:plain

うちの猫は基本、果実の断面の果汁をぺろぺろ舐めておしまい。かじりつくことはほとんどありません。

表面がぱっさぱさになった果物、私が自分の口に放り込むと言ったら、過保護以前にそっちのほうがドン引きでしょうか…(猫変態)。