猫どおり

猫様の言う通り。

ACANA Pacifica Cat(アカナ パシフィカキャット)

購入機会の多かったアカナのフード、初めて「パシフィカ」を買ってみました。

f:id:nekohaus:20160420230024j:plain

フードは防災対策のためローリングストックしているので、購入したのは先月末です。

f:id:nekohaus:20160420230159j:plain

さっそく開封したのですが、指定の切込みから切っても封が開かないというトラブル。でもしっかり密封されていることは確認できました。

前述のとおり、アカナのフードは比較的お手頃なのでよく購入しています。ただ、これまで選んできたのは他の二種(ワイルドプレイリー・グラスランド)だけだったので、パシフィカは初めて。特に大きな理由があるわけではないのですが、個人的に、なんとなく猫には「魚より肉」を食べさせたかったから。

そんなわけで、アカナでは初めて(唯一)のお魚系「パシフィカ」。

f:id:nekohaus:20160420230834j:plain

開封と同時に、すごい魚臭…といっても臭いわけではなくて、削り節などの香ばしい感じ。猫たちも寄ってきました。

粒は平べったい小粒。あげる前に試食をしようといつものように一粒食べてみたのですが、なんと、驚愕するくらい、しょっぱい…。アカナのフードは総じて「割と味がしっかりある」のです。といっても砂糖や塩で味をつけているわけではもちろんなくて(少なくとも表記はなくて)素材の味。でも、こんなに塩辛いのは初めてでした。

56nyanさんのページには「酸っぱい」と書かれていた…と思いながらサイトを見直し、袋裏の原材料も見直し。

f:id:nekohaus:20160420232201j:plain

海魚の味だろうとすぐに思い当たったのですが、これ、一袋この味だったらちょっと怖い。表記がどうであろうと気持ち的にあげられません。

そう思いながら軽く袋を振って、それから(粒を採る場所を変えて)2~3粒食べてみたら、ほとんど辛さのない粒に当りました。結局、猫にブーイングされながら10粒くらいは食べたでしょうか…ほとんど「魚の味」でした。たまたま一粒目に辛いものに当ってしまっただけのようで、やはり「自然の味」であることには変わらなかったようです。ようやく大丈夫そうだな、と。


そんなことがありつつも、食べさせ始めて一週間ほど。今のところ異常なし。水をがぶ飲みしている様子もありません(味が濃いフードの後は水を過剰に欲しがることがある)。

また、いつも飽きるならそろそろなのですが、魚の香りのおかげかトッピングを要求されることもなく食べてくれています。


改めて。

アカナのパシフィカ、噛めば噛むほど、魚素材のおつまみ(人間用)みたいで美味しかったです。ただ、科学的に味付けしているものと違い、自然素材を使うからこその「味の個体差」があって、時には「辛すぎる部分」が入る場合もあるんだなと思い出しました。



…という記事を昨晩更新しようとほぼ書きあげたところで、大好きなブロガーさんが被災された情報を聞いて愕然としたままパソコンを閉じてしまいました。
ご無事との報告でホッとさせて頂きながらも、現地ではそれだけで終わるわけがありません。新しい情報が入るたび、いろんなことを願う日々が続きます…。