猫どおり

猫様の言う通り。

引き戸を開けてしまう猫に、OPPOのスライドロック。

猫が、引き戸を開けてしまうんです。

f:id:nekohaus:20160430184250p:plain

猫が扉を開けているのを初めて見た時(十年以上前)は、うちの子頭がいい!うちの子すごい!…だったのですが、今となっては猫たち皆が当たり前のように開けて出てくる&出ていくので、とても冷静な気持ちで、「お願いだからもうやめて」。

バータイプの開き戸もぶらさがれば開く、と知っているので、我が家は扉という扉すべてに「鍵」をつけてもらいました。


部屋を移るたびにいちいち鍵をかけるのは手間ですが、勝手に開けられてしまわない(ものを壊されたり、食べられたり、別室を猫の毛だらけにされない)のでとても良かったと思います。問題は、扉の「表」と「裏」どちらから開けられるようにするのか?でした。

基本は猫のいるリビングに「閉じ込める」ような向きで鍵をつけました。ただ、これだと「人間全員がリビングにいる時」は厄介なことになります。鍵をかけずに扉だけ閉めておくと、ちょっと目を離した隙に脱走されてしまいました。


鍵といっても、各部屋に専用の「凹(鍵穴)」と「凸(鍵)」のセットがあるわけではなく、簡易的なもの。コインなどの道具を使えば扉の表裏どちらからでも開け閉めできる仕様ですが、その都度細かい作業をするのが手間でした。五円玉や棒に紐を通し、扉に引っかけておけば、取りに行く手間は減ると思ったこともあるのですが、猫に見つかったら誤飲につながる危険性も高い…と、撤去。

せっかく鍵があるのに、扉の前に物を置いて物理的に邪魔したり、ガムテープを貼り付けて触りにくくしたり…とアレコレ試行錯誤していたのですが、とうとう専用アイテムを買いました。

OPPOのスライドロックです。

f:id:nekohaus:20160430184214j:plain

使い方は簡単。

f:id:nekohaus:20160430184216j:plain

引き戸の隙間に挟むだけ。

f:id:nekohaus:20160430184220j:plain

厚みのあるシリコンは割と重たいし、すぐに落ちてしまうのでは…と思っていたのですが、裏側の滑り止め加工のおかげか意外としっかり定位置を保っていました。

f:id:nekohaus:20160430184215j:plain

この商品はずいぶん前から気になっていたのですが、シンプルな形状なのに地味に高価で二の足を踏んでいました。そもそも、これ自体が猫のおもちゃになってしまいそうだなと。

でも使い始めて一週間、一度も扉を開けられての脱走がありません。ガシガシやっている音は聴こえるので、このストッパーに確かな効果があったようです。そして徐々に、扉を開けようとする気配も減りつつあるのがものすごく嬉しい!

もっと早く…自宅に押し入れ(和室)のあった旧宅時代に手に入れたかったアイテム。本当に買ってよかったです。


ちなみにカラーは、ピンク・ブルー・オレンジの三色展開。できればもっと落ち着いた色が出てくるといいのにな、とも思っていたのですが…

f:id:nekohaus:20160430184218j:plain

この扉ならオレンジの馴染みがちょうどよかったかもしれません。


片開きタイプの引き戸(壁と扉のスキマ)でも使えます。

バータイプのドアノブ用もあり。