猫どおり

猫様の言う通り。

OPPOのファブキャットトンネルは、ちょっと…

昨日に引き続き、OPPOのアイテムです。

f:id:nekohaus:20160501201258j:plain

OPPOの猫グッズというものを意識して選んだことがなかったのですが、改めてチェックしてみたらどれもこれも発想がいいな!と思います。このアイテムもそう。

f:id:nekohaus:20160501201249j:plain

使い方は冒頭の写真でお分かり頂けると思いますが、猫用のトンネルです。こういう商品で「日本製」は初めて買った気がします。

ただ、フェルトのような素材なので猫の毛がつきまくり…というか、あえて「猫の毛がくっつきやすい素材」で作られたトンネルなのだそう。

f:id:nekohaus:20160501201250j:plain

パッケージは、ロール状になったヨガマットのようなサイズ感。

f:id:nekohaus:20160501201251j:plain

開くと、厚手フェルト生地で作られた太ヒョウタン型のパーツが二枚出てきます。本来平らな筈ですが、癖がついてしまって、撮影も組み立てるのもちょっと苦労しました。

f:id:nekohaus:20160501201252j:plain

両方とも、片面ブラウン、片面グレー。スナップボタンがついているので、それで二枚を合体させると…

f:id:nekohaus:20160501201254j:plain

あっという間にトンネルになりました。

f:id:nekohaus:20160501201300j:plain

入るかな~と置いてみたところ…

f:id:nekohaus:20160501201255j:plain

ばっちりです。


「サイズ」の問題

サイズ感が「小さすぎる」というレビューも見かけたのですが、たしかに一般的なキャットトンネルと比較すると径が小さく「走って通り抜ける」のは難しそうでした。でもうちの5~6kgの猫たちでもスポッとキレイに収まっていたので、もともと狭い所を好む子であれば入ってくれるんじゃないかな?と思います。

サイズが全然合ってませんよ…という箱や袋に入りたがる子は多い気がするので、個々の「体格」以上に、「性格」によって使う・使わないが変わる気がしました。


掃除が楽な「素材」

前述どおり、猫の毛がくっつきやすい素材です。それにより、ここを通る猫の毛を集められ、開いて掃除すればお手入れがちょっと簡単になる、という仕組み。だからこそ狭く作られているのかな?とも思いました。

f:id:nekohaus:20160501201253j:plain

似たようなコンセプトの商品は以前にも買ったことがありますが、うちの子たちはあまり使ってくれなくて、しかもくっついた猫の毛がとりにくい…という残念な仕様でした。

このトンネルは分解すれば平らになるので毛の処理もしやすいし、使わない時や持ち出す時の管理も楽ちん。いずれ不要になった時の処分も簡単です(昔買ったタイプは金属部分も多くて分別が大変でした)。


1~2猫だったら毎日ブラッシングしても良いだろうけれど、大家族の我が家には猫の毛掃除がちょっとだけ楽になる、とてもありがたい仕様でした。

洗濯機洗いできないのが唯一デメリットかも…と思いながら買ったのですが、これも1~2シーズンしっかり使ってくれるなら、その都度買い換えてもいいのかなと思っています。


ただ、この時季&生地は適度にあったかいのか、気持ちがよすぎて中で眠っちゃう子がおりまして…

f:id:nekohaus:20160501201257j:plain

f:id:nekohaus:20160501201256j:plain

使い方がちょっとだけ気持ち悪いんですけど…どうしよう。


妖怪トンネコ育成グッズ。