猫どおり

猫様の言う通り。

どうしてキャットフードを試食するのか?

私自身が、割と普通にキャットフードを食べています。

f:id:nekohaus:20160604223325j:plain

当たり前ですが、小腹がすいた、というような理由ではなくて…「毒見」的な感覚。そもそも自分が食べられないものを猫にあげている、という状態に違和感があり、食べること自体にはまったく抵抗がありません。

もちろん、理屈じゃなく「食べられない」という人がいることも理解していますし、それがおかしいとも思いません。私が少数派なのだと思います。


私が試食する理由

  1. 味が濃くないか?
  2. 食感はどうか?(歯が悪いシニア組にも優しいか?)
  3. 死ぬ時は一緒(??)

など、食べやすさを確認するのがメインです。


死ぬ時は一緒

2007年に、市販されているペットフードに毒物が混入していた、という衝撃のニュースがありました(日本のテレビニュースでの扱われ方は小さかったようです)。もう十年近く経つんですね…。私はちょうどその頃、海外製のプレミアムフードに対し、妄信的になっていたんです。「○○をあげてはいけない」「××なら絶対安心」と…ない知識をネット情報で補って、自分の中に色んな規制を作りました。

そんな中で起こった事件が、その「ペットフードの大規模リコール」。このニュースは、私の思い込みを一網打尽にしてくれました。当時の私が「選び抜いた!」と思っていたフード*1は、発表された「リコールリスト」にすべて入っていたからです。

それから、フード選びをどうして良いか分からなくなり…毎回、封を切る時は恐々。猫たちの様子を見ながらピリピリ。何が正しいのか分からないまま数年、様々な葛藤を経て、最終的に行きついたのが「最低限、自分が食べられるものならいいんじゃないか?」という極論(?)でした。

それに加えて、あってはいけないけれど、ないとは言い切れない…そんな「毒物混入」の可能性。それなら一緒にリスクを冒そうか、と。

もちろん身体の大きさやつくり、そもそも種が違う猫と私では毒の「致死量」なども違うわけですが、それでも「この味おかしいな」と事前に気づけるキッカケにはなるかもしれない。そのひと手間があってもいいのではないか、と思ったのです。


結局自分のために食べる

私がキャットフードの試食をするのは、本当に「一緒に死のう」と思っているわけでは決してなく、「そんなリスクのないものを選んでいる」という、自分の安心感を引き出したいがための行動とも言えます。

試食なんてしなくても心から安心できる、そんなフードがあればいい。
本当は、それが願いです。

*1:金銭的な問題もあったので、最高級/最上級フードを選んでいたわけではありません。